血栓の概要とリスク

血栓というのはどのようなものなのでしょうか。

あまり聞かない言葉かもしれませんが簡単にいうと血のかたまりのことです。

かさぶたという表現の方がわかりやすいかもしれません。

血管の中で血栓が固まってしまい血液を通り道をふさぐことです。

ドロドロ血液の影響

血栓は、血液が正常に流れている人なら特にできないものですが、血液がドロドロの人は血が粘着性をもってしまうので血管を傷つけてしまうのです。

血管が傷つけばその傷をふさごうと働くものがありますが、通常はいつしか消えてしまいます。

しかし血栓として残ってしまうのは、血液中のバランスが崩れているときに起こります。

血管の中で血栓がはがれないで留まっていると、血液が順調に流れていきません。

血栓のリスク

血栓は動脈だけにできるものではありません。

静脈にもできます。

血栓によって血流が止まってしまう、血液の流れにのって心臓に運ばれ、更に肺にまで入り血管を詰まらせてしまうことがあります。

これが深部静脈血栓などの病気になります。

主に60歳以上の人に発祥しやすいと言われていますが、不整脈などの心疾患によって不整脈がおきると心臓の働きが悪くなります。

それにより血流がよどみます。治療が遅れれば命にかかわる大きなリスクを伴います。

生活習慣を改善する

毎日の生活の中に、運動などを取り入れていくことで血圧の安定や血糖値の降下さらにコレステロールも善玉が増えていきます。

何よりも一時的なものではなく、継続していくことで体調の一定化を測ることができます。

有酸素運動などを行なっていくことで、体重も減ってきますし体の血の巡りも良くなります。

血液がサラサラの状態でいれば血栓もできにくくなりますので、見直してみるのも良いですね。

このように血栓予防には運動や食事バランスが必要です。

リスクを伴った暴飲暴食は謹んでいくように心がけましょう。

治療が遅れれば命にかかわりますし、後遺症も残ってしまいます。

もしもの事態が起こらないようにするためにも、日頃から食事や運動には気を使っていきたいですよね。

特に食事に関しては、今すぐにでもできることがたくさんあるので、すぐに改善していくことをおすすめします。

血栓を溶かすにはナットウキナーゼのサプリメントが有効なので、そういったものから始めるのもいいですね。

血栓やプラークを溶かすための救世主ナットウキナーゼ

エコノミークラス症候群の原因や予防

エコノミークラス症候群は、特に旅行者に多く見られる症状として知られています。

しかし旅行のときだけのものではありません。

別名を「旅行者血栓症」とも言います。

この血栓というのが大きなポイントになるのです。

エコノミークラス症候群の原因

いくつかある原因の一つは、航空機などの乾燥した空間、また気圧が引くことで体の中にある水分が蒸散しやすくなってしまい、そのため血液の粘度が高くなってしまいます。

水分を長くとらなかったり、アルコールばかり飲んでいると脱水症状を引き起こし血液粘度の上昇を高めてしまいます。

同じ体勢が原因

長時間同じ体勢で座り続けていると下肢が圧迫され続けることになります。

うっ血をおこして血栓ができやすくなってしまうのです。

このときに発生した血栓は立ち上がったときなどに血液の流れにのって移動していきます。

良くないことに肺の細い血管部分に詰まってしまい、動悸や呼吸困難を引き起こしてしまうのです。

長時間乗る場合では、こまめに水分補給をして時々足を上に上げるなどできる範囲でストレッチするのも方法です。

エコノミークラス症候群の予防

この症状が起き易い人というのは、例えば肥満の人や糖尿病、下肢静脈癌などを持っている人です。

航空機に限らず、同じ体勢でいると血の循環が悪くなります。

足を上に上げて足首を回してみたり、ふくらはぎを揉んでみることでもいですし、機内でもちょっとしたマッサージはできますので、時々行なうようにしましょう。

それと同時に、水分補給はこまめにしていくことを心がけることです。

トイレもありますので、水分を十分取るようにしてください。

利尿作用のあるアルコール、特にビールは禁物です。

トイレにいくのが億劫だと決して思わないでください。

水分補給とマッサージなどが効果的なエコノミークラス症候群ですが、航空機以外の場所でも起こることがありますので、同じ体勢になっているときにはこのようなことを意識していきましょう。

高コレステロールの人が気をつけるべき食事

高コレステロールの人が気を付けるべき食事には、どんな食材があるのでしょう。

好きなものを好きなだけ食べていては良くありません。

コレステロールを下げていくか、食事療法で下げることができますので試してください。

食べすぎは注意

食べ物を食べ過ぎてしまうと、脂肪の過剰摂取を招いてしまいます。

これが肥満の原因になってしまいます。

コレステロールを下げるには、1日に取るカロリーに気をつけなければいけません。

食事も昔から「腹八分目」と、言われているように常に満腹感を味わっているのでは体に大きな負担をかけてしまうのです。

動物性の脂は控えましょう

コレステロールが高い人には、動物性脂肪はよくないと言われています。

飽和脂肪酸が多く含まれていて、これによってLDLコレステロールを増やしてしまいます。

植物性脂肪や魚などに含まれている不飽脂肪酸にはコレステロールを下げる作用があるのです。

肉食ばかりではなく、魚とお肉とバランスよく摂取していきましょう。

そしてできれば和食を心がけていくことで、自然に魚料理が増えていきます。

高コレステロールのものが食べたければ、いつもの3分の1にしておくなどの意識を強くもっていきましょう。

コレステロールの多く含む食品は避けましょう

コレステロールが高いのにコレステロールを多く含んでいる商品を取ることは危険行為です。

特に良くないといわれている卵ですが、お好きな人は一度に1個食べてしまうのではなく、例えば半分ずつに分けて食べるといったことも予防になります。

バターやチーズ、生クリームなどや肉の脂身、お菓子類で言えばチョコレートなどはとてもコレステロールが高いものですので気をつけましょう。

例えばケーキよりは和菓子またチョコレートでしたらお煎餅など、ここでも「和」です。

ケーキにはバターも生クリームもたっぷり入っていますので要注意です。

日頃の意識を少し変えていくことで、食事のとり方または食材選びに気をつけることができます。

コレステロールをできるだけ下げるような食事療法を取り入れていきましょう。

脳梗塞の原因・治療・後遺症

脳梗塞の原因・治療・後遺症、考えるととても怖いものです。

しびれは完治するのか、リハビリすれば何処まで改善されるのか。

後遺症はどの程度のこるものなのか。

脳梗塞の原因や治療、後遺症などを見ていきましょう。

原因は?

脳梗塞の原因と言われているのには、血栓症や塞栓性などがあります。

血栓になる原因は主に動脈硬化です。

動脈硬化によって脳の動脈が徐々に狭くなっていきそこに血の塊ができてしまい血管が詰まってしまいます。

また、塞栓性は脳以外の部分にできた血栓が血流にのって脳まできます。

そこで血管がつまってしまうものです。

原因はこれらだけではありませんが、主に血流の悪さも大きな影響を与えています。

治療方法

脳梗塞かと思ったら直ちに治療をしなければいけません。

重症の場合でも軽症と思われても救急車の利用を勧めます。

これには脳梗塞の場合は事態が起こってからどれだけ早く治療を施すかで、その後の後遺症などに大きな影響を与えます。

早期治療が遅れてしまえば、命さえ危険にさらすことになってしまうのです。

治療の効果があるかないか、これは早めの対応次第になっていくものです。

急にくらくらしてきた、顔がひきつっているように見える、ろれつがまわらないなどは比較的発見しやすい症状です。

脳梗塞の後遺症

脳梗塞は全ての神経そして機能を司る脳の細胞がやられてしまうものです。

後遺症も様々で、脳の運動機能に障害が出てしまえば体にマヒが残ります。

視覚中枢なら失明や視力の低下、知的中枢の場合では痴呆症などの症状を引き起こしてしまう場合も考えられます。

さらには、感覚障害や言語障害、思ったことがなかなか話せなくなってしまうこともありますし、様々な後遺症が残ります。

リハビリをしていくことで、ある程度の改善が見込めますがリハビリも簡単なものではありません。

脳梗塞で起こってしまう後遺症は、完全に体のどこかの機能を奪うものになってしまいます。

原因になる血栓などを予防するためにも日頃からの健康への意識が大切になります。