エコノミークラス症候群の原因や予防

エコノミークラス症候群は、特に旅行者に多く見られる症状として知られています。

しかし旅行のときだけのものではありません。

別名を「旅行者血栓症」とも言います。

この血栓というのが大きなポイントになるのです。

エコノミークラス症候群の原因

いくつかある原因の一つは、航空機などの乾燥した空間、また気圧が引くことで体の中にある水分が蒸散しやすくなってしまい、そのため血液の粘度が高くなってしまいます。

水分を長くとらなかったり、アルコールばかり飲んでいると脱水症状を引き起こし血液粘度の上昇を高めてしまいます。

同じ体勢が原因

長時間同じ体勢で座り続けていると下肢が圧迫され続けることになります。

うっ血をおこして血栓ができやすくなってしまうのです。

このときに発生した血栓は立ち上がったときなどに血液の流れにのって移動していきます。

良くないことに肺の細い血管部分に詰まってしまい、動悸や呼吸困難を引き起こしてしまうのです。

長時間乗る場合では、こまめに水分補給をして時々足を上に上げるなどできる範囲でストレッチするのも方法です。

エコノミークラス症候群の予防

この症状が起き易い人というのは、例えば肥満の人や糖尿病、下肢静脈癌などを持っている人です。

航空機に限らず、同じ体勢でいると血の循環が悪くなります。

足を上に上げて足首を回してみたり、ふくらはぎを揉んでみることでもいですし、機内でもちょっとしたマッサージはできますので、時々行なうようにしましょう。

それと同時に、水分補給はこまめにしていくことを心がけることです。

トイレもありますので、水分を十分取るようにしてください。

利尿作用のあるアルコール、特にビールは禁物です。

トイレにいくのが億劫だと決して思わないでください。

水分補給とマッサージなどが効果的なエコノミークラス症候群ですが、航空機以外の場所でも起こることがありますので、同じ体勢になっているときにはこのようなことを意識していきましょう。