血栓の概要とリスク

血栓というのはどのようなものなのでしょうか。

あまり聞かない言葉かもしれませんが簡単にいうと血のかたまりのことです。

かさぶたという表現の方がわかりやすいかもしれません。

血管の中で血栓が固まってしまい血液を通り道をふさぐことです。

ドロドロ血液の影響

血栓は、血液が正常に流れている人なら特にできないものですが、血液がドロドロの人は血が粘着性をもってしまうので血管を傷つけてしまうのです。

血管が傷つけばその傷をふさごうと働くものがありますが、通常はいつしか消えてしまいます。

しかし血栓として残ってしまうのは、血液中のバランスが崩れているときに起こります。

血管の中で血栓がはがれないで留まっていると、血液が順調に流れていきません。

血栓のリスク

血栓は動脈だけにできるものではありません。

静脈にもできます。

血栓によって血流が止まってしまう、血液の流れにのって心臓に運ばれ、更に肺にまで入り血管を詰まらせてしまうことがあります。

これが深部静脈血栓などの病気になります。

主に60歳以上の人に発祥しやすいと言われていますが、不整脈などの心疾患によって不整脈がおきると心臓の働きが悪くなります。

それにより血流がよどみます。治療が遅れれば命にかかわる大きなリスクを伴います。

生活習慣を改善する

毎日の生活の中に、運動などを取り入れていくことで血圧の安定や血糖値の降下さらにコレステロールも善玉が増えていきます。

何よりも一時的なものではなく、継続していくことで体調の一定化を測ることができます。

有酸素運動などを行なっていくことで、体重も減ってきますし体の血の巡りも良くなります。

血液がサラサラの状態でいれば血栓もできにくくなりますので、見直してみるのも良いですね。

このように血栓予防には運動や食事バランスが必要です。

リスクを伴った暴飲暴食は謹んでいくように心がけましょう。

治療が遅れれば命にかかわりますし、後遺症も残ってしまいます。

もしもの事態が起こらないようにするためにも、日頃から食事や運動には気を使っていきたいですよね。

特に食事に関しては、今すぐにでもできることがたくさんあるので、すぐに改善していくことをおすすめします。

血栓を溶かすにはナットウキナーゼのサプリメントが有効なので、そういったものから始めるのもいいですね。

血栓やプラークを溶かすための救世主ナットウキナーゼ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です