高コレステロールの人が気をつけるべき食事

高コレステロールの人が気を付けるべき食事には、どんな食材があるのでしょう。

好きなものを好きなだけ食べていては良くありません。

コレステロールを下げていくか、食事療法で下げることができますので試してください。

食べすぎは注意

食べ物を食べ過ぎてしまうと、脂肪の過剰摂取を招いてしまいます。

これが肥満の原因になってしまいます。

コレステロールを下げるには、1日に取るカロリーに気をつけなければいけません。

食事も昔から「腹八分目」と、言われているように常に満腹感を味わっているのでは体に大きな負担をかけてしまうのです。

動物性の脂は控えましょう

コレステロールが高い人には、動物性脂肪はよくないと言われています。

飽和脂肪酸が多く含まれていて、これによってLDLコレステロールを増やしてしまいます。

植物性脂肪や魚などに含まれている不飽脂肪酸にはコレステロールを下げる作用があるのです。

肉食ばかりではなく、魚とお肉とバランスよく摂取していきましょう。

そしてできれば和食を心がけていくことで、自然に魚料理が増えていきます。

高コレステロールのものが食べたければ、いつもの3分の1にしておくなどの意識を強くもっていきましょう。

コレステロールの多く含む食品は避けましょう

コレステロールが高いのにコレステロールを多く含んでいる商品を取ることは危険行為です。

特に良くないといわれている卵ですが、お好きな人は一度に1個食べてしまうのではなく、例えば半分ずつに分けて食べるといったことも予防になります。

バターやチーズ、生クリームなどや肉の脂身、お菓子類で言えばチョコレートなどはとてもコレステロールが高いものですので気をつけましょう。

例えばケーキよりは和菓子またチョコレートでしたらお煎餅など、ここでも「和」です。

ケーキにはバターも生クリームもたっぷり入っていますので要注意です。

日頃の意識を少し変えていくことで、食事のとり方または食材選びに気をつけることができます。

コレステロールをできるだけ下げるような食事療法を取り入れていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です